スポンサード リンク

肌荒れの原因を探る > 肌荒れ原因 物質

肌荒れ原因物質のひとつと言われているのが、「合成界面活性剤」というものです。「界面活性剤」と聞くと、洗剤系のものをイメージする人が多いんじゃないでしょうか?確かに、食器洗い用洗剤、洗濯用洗剤をはじめ、ありとあらゆる洗剤には界面活性剤が使われています。


「そんな洗剤に使うようなもの、肌につけるわけがないじゃない」と思われるかもしれませんが、それは大きな間違い。実はクリームなどを作る際、油分と他の成分を分離させずに混ぜるには、界面活性剤が必要なんですよ。クリームだけではなく、乳液・シャンプー・リンス・ボディーシャンプーなどにも、ほとんどの場合界面活性剤が使用されています。


その界面活性剤の中でも特に肌荒れを起こしやすいのが、石油から作った合成界面活性剤というわけです。確かに「石油でできたクリームをつける」と聞くと、肌に悪そうな気がしますよね^^;この「石油系の合成界面活性剤」を避けるためには、商品に「鉱物油不使用」などの表示がされているものを選ぶのがいいですね。もちろん「合成界面活性剤不使用」という表示のものがあれば、さらにベストです☆




肌荒れの多くは季節の変わり目などに最も多くのトラブルが発生します。肌荒れの原因はいろいろありますが、どんな肌荒れの原因があるのかご紹介したいと思います。

まず、肌荒れ原因の多くは、化粧品などによるものです。ほぼ一般的に皆さんがよく使っている化粧水やメイク用品、洗顔料などは、ほとんどの化粧品には石油から作られている合成界面活性剤という物質が入っています。

この合成界面活性剤という物質は、皮膚に悪影響を及ぼすとされていて、肌荒れやしみやしわなどの原因になります。肌荒れ対策するには、使用量をあまり多くしないこと、お化粧は、なるべく長時間せずに帰宅後すぐに落とすようにすることがとても重要です。

この肌荒れの原因になる物質「合成界面活性剤」があまり含まれていないものを選ぶ事もとても大事だと言えます。また、合成界面活性剤の含有量が多いものであればあるほど、消費者は使いやすく、使用感もよくなりますので一見‘良い化粧品’に感じますが、これは大きな間違いです。

この物質、「合成界面活性剤」が肌を傷つけ、シミ、ソバカス、シワなどの肌荒れの原因になるのです。この物質は、化粧品だけではなく、洗剤やシャンプー・リンスなどにも含まれています。



スキンケア - livedoor Blog 共通テーマ
肌荒れ原因の物質は、化学製品や薬品、化粧品、衣類、金属類、動物など日常の生活環境にたくさんあります。

文明が進むにつれ新しい生活製品がつくられるので、肌荒れ原因物質は増える一方ともいえます。肌荒れ原因物質による、接触皮膚炎が増えています。

肌のかぶれは、うるしかぶれなどのように外から有害な物質が触れ、その刺激によって起こる皮膚の炎症です。人によって刺激に敏感な人と、全く感じない人がいます。薬品など刺激物質に触れたときのように、だれにでも起こる場合と、くり返し刺激物質に触れることによって起こる場合、またアレルギー体質の人だけに起こる場合などもあります。

この皮膚炎(かぶれ)は必ず刺激物質が触れた部位に出ますから、大体原因物質の見当がつきます。たとえば、顔に使う化粧品によるかぶれは、決して足には出ません。腕時計などの金属によるかぶれもそうです。

とくに肌の反応が強いときには、ぬれタオルなどで冷やして、皮膚科を受診します。予防は原因となる物質を確かめ、身のまわりから遠ざけることです。私の場合ですと、動物の毛や食品(特に牛乳やたまごなどの動物性たんぱく質)などが原因となっていました

肌荒れ原因の物質として、黄砂などをあげる例もあります。肺に入ると花粉症や気管支ぜんそくなどのアレルギー症状が悪化するそうです。

このように肌荒れの原因は多種多様です。一番いえることは、あまり肌荒れに対して、悩みすぎないことです!悩みすぎることによって、ストレスにもなりますし、行動も狭くなります。そうすると悪循環ですからね。肌がぴかぴかになるのをイメージして楽しく過ごしましょう。