スポンサード リンク

肌荒れの原因を探る > 顔 肌荒れ原因

あなたの肌は乾燥していませんか?もし乾燥しているなら、それがあなたの顔の肌荒れ原因になっている可能性大です。なぜ乾燥が顔の肌荒れ原因になるのかというと・・・乾燥肌=バリア機能が低下しているから、です。


肌の中に水分をうまく蓄えておくことができないほど、角質層がスカスカになっていたりするケースが多いんですよね。肌の水分が足りないとターンオーバーもうまくいかないので、顔の肌荒れをはじめとしてさまざまな肌トラブルを起こしやすいわけです。しかも乾燥肌のやっかいなところは、保湿しようとしても、その成分が肌になじみにくいこと。乾ききった土に水をあげても弾かれてしまうのと同じですね。


乾燥肌による顔の肌荒れを軽減するには、まず乾燥肌そのものを治すことが必須。保湿力の高い化粧水などを「少しずつ手にとって、何度かに分けてじっくり肌に浸透させる」というスキンケアをしてみましょう。時間がかかるのが面倒だ、と思われるかもしれませんが、「乾燥肌であるうちは、成分を浸透させるのに時間がかかる」というのは当然の理屈なので、ここはしっかりやりましょう。


もちろん化粧水や美容液などの保湿成分をしっかりなじませたあとは、クリームをつけて保湿成分の蒸発を防ぐようにしておくことも大切です。


「肌にやさしい洗顔料も使っているし、スキンケアもきちんとしているはずなのに顔や首の肌あれが治まらない・・・」
こんな感じで、肌あれを起こす原因にまったく心当たりがないのに肌あれが治まらない、という場合は、「顔のケア」以外のところに目を向けてみましょう。


実は肌あれ原因は、顔以外のところに存在することもありますから。その代表格が、顔より上に位置する頭につける、シャンプー・リンス・トリートメントです。市販のシャンプー・リンス・トリートメントの多くは、その大半が合成物質でできています。洗顔料などは肌へのダメージ軽減を考えてくれているものも多いですが、シャンプー等はまだまだ、そこまで気を使ってくれているものは少ないのが現状。


たとえばシャンプーの場合、頭皮の脂汚れはガンコですから、それを落とすことに集中した成分ばかりを配合しがちだし、リンスやトリートメントは「髪のうるおい」しか考えてません。これが顔や首に流れてくると「シャンプーの洗浄力が強すぎ」「リンスやトリートメントの油分が多すぎ」「大量の合成物質でアレルギー反応が起きてしまう」などの理由で、肌あれを招いてしまうことがある、というわけなんですよ。





顔は、女性にとって最も大事な身体の部分ですね。特に顔の肌トラブルは、避けたいものです。しかし、顔の肌荒れなどが無い女性は無いといっても過言ではなく、女性であれば顔の肌荒れは避けては通れないものです。

そんな女性に顔の肌荒れの原因をご紹介しますそもそも肌荒れというのは、皮膚が乾燥する事でカサカサし、痒みを感じついついボリボリかいてしまい、症状が悪化するといった原因があります。主な原因はアトピー性皮膚炎や敏感肌であることが多く、皮膚の肌荒れを慢性的に持つ人が現代では大変多いのです。

皮膚に直接治療を行う外からのケアももちろん大切ですが、サプリメントを摂ったり、バランスの良い食べ物の改善など、体の中からのケアも治療もとても大事なのです。肌荒れしている顔の皮膚は、水分が少なくなっています。乾燥により、水分がなくなっている肌には、保湿が必要になってきます。

こまめに顔を洗い、(優しく洗います)保湿性の高い化粧水をたっぷりお肌に与えましょう。顔の痒みがある方も、できるだけ無添加素材の化粧品で保湿をしてあげてください。痒みを感じたら濡れたタオルで抑えると良いと思います。決してかきむしったりいじったりしないようにしてください。



★☆お肌のお手入れ♪★☆ - livedoor Blog 共通テーマ
顔の肌荒れ原因は何か?、「ストレスのせい」「夜ふかしのせい」「食生活のせい」など、幾通りも考えられます。テカリ・毛穴の広がり・がさがさ・吹き出物に悩まされてるあなた!わかります、私も顔の肌荒れ原因に悩まされることがよくあります。

顔の肌荒れ原因にデモデクス菌が関係しているらしいです。デモデクス菌は肌荒れに大きく関与していますが、正しい洗顔で排除することができます。デモ菌はが減れば今までのテカリ・ガサガサのない、キレイな素肌美に変わっていきます。洗顔にもっと注意を払う必要がありますね。

ただし私の場合乾燥しがちなので、洗顔フォームを使った顔の洗顔は、極力すくなくしています。ぬるま湯で2.3回洗う程度がベストかな〜。これは人それぞれだと思います。皮脂の分泌が多いひとはその分洗顔する必要があるし、運動などをしていつもより汗をかいたら清潔にすることが大事。

花粉症が肌荒れの原因になりえます。花粉症によって免疫力も低下し、お肌のバリア機能も衰えるのです。そうすると肌から貴重な水分が奪われ、かさかさ・毛穴が目立つ・吹き出物などの症状がでます。赤ら顔にもなったりします。お化粧のノリも悪くなりますよね。

顔の肌荒れ原因として忘れがちなことがあります。それは肌を休めることです。意外と軽視されがちですが、肌荒れ状態の肌はとても疲れていますので肌の休養日を設けること!メイクはできるだけ控え、洗顔もぬるま湯だけで洗顔料を使わないようにします。保湿ケアはしっかりとしないといけません。

そして肌荒れは、心と体が疲れている現れですから、睡眠を十分とりリラックスをもっと心がけましょう。そうすれば自然と顔の肌荒れも回復してくるでしょう。